読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

4ヵ国語を勉強するブログ

留学経験なし、独学で英検1級,TOEIC980点,TOEIC SW170/200を達成。「言語は楽しく学ぶべき」という方針の元、最大の効率で結果を出せる勉強方法をブログに投稿しています。中国語やドイツ語など、英語以外の言語も勉強中。

英語の発音ができるようになりたいなら『英語耳』!ネイティブばりの発音を身につけよう!

スポンサーリンク

すべては発音から始まる

何か外国語を勉強しようと思い立ったときに一番最初にやることとしておすすめなのがずばり「発音の練習」です。

特に英語を学習する場合は発音を絶対に初期の段階で習得することをおすすめします。

というのも、発音を最初に学習すれば、その後の英語学習の効率が飛躍的に向上し、発音をちゃんとやってはいない人とは段違いのスピードで勉強を進めることができるようになるからです。

ということで今回は

  1. 発音を習得することで得られるメリット
  2. どうやって発音を練習すればいいのか

について具体的に説明していきたいと思います。

 

発音ができるようになると得られるメリット

①単語がはやく正確に覚えられるようになる

ぼくは単語を覚える際、まずその単語の発音を覚える事を最優先させます。

これは新しい単語を覚える際、正しい発音ができるとより頭に定着するからです。

しっかりとした"音の情報"と一緒に単語を覚えると、記憶に残りやすくなるんです。

 

また、正しい発音と共に単語を覚えることで、つづりが紛らわしい単語とごちゃごちゃになるのを防ぐことができます。

 

英語の勉強を始めたての頃、具体的に言うとまだ3000語も覚えていないくらいの頃ならめちゃくちゃな発音でも覚えていけるのですが、わかる単語の数が増えていくにつれ、スペルが紛らわしい単語も当然増えていきます。

これらの紛らわしい単語を発音によって区別していくことで、しっかりと覚えていくことができるようになるわけです。

 

②リスニング力がアップする

語学関係の本を読んでいると「自分が発音できる音は聞き取ることもできる」的なことがよく書かれていますが、これは本当だと思います。

これは逆にいうと「発音ができていなければ英語が聞き取れない」ということでもあります。

しっかりとした発音がわかっているとリスニングの際、それが何の単語なのかが瞬時にわかるようになります。

 

③相手に自分の言っていることが伝わりやすくなる(スピーキング力のアップ)

オンライン英会話レッスンなどを受けていて、「文法的に間違ってはいないのに自分の言っていることが伝わらない」と悩んでいる人はいませんか?

 

これは「発音が正しくないから伝わっていない」という可能性が高いです。

 

発音がしっかりすると小さい声でぼそぼそと話しても相手に伝わるようになります

これは本当に楽です。自分の言っていることが相手に伝わるのでどんどんとモチベーションも上がり、スピーキングのスキルもどんどん上がっていくでしょう。

 

どうやって発音を練習すればいいのか

ここからは英語の発音の具体的なトレーニング方法を紹介していこうと思います。

 

本屋の英語参考書コーナーにいくと発音関係の本がたくさんありますが、この中から1つ選んで練習します。

ぼくが今回劇的におすすめするのは『英語耳』という参考書です。

英語耳[改訂・新CD版] 発音ができるとリスニングができる

英語耳[改訂・新CD版] 発音ができるとリスニングができる

 

 

この『英語耳』では、ひとつひとつの発音記号を取り上げて、それぞれどのように音を出せばよいのかが、わかりやすく解説されています。

 

また、約30分くらいで発音の基礎をひと通りトレーニングできるようになっているのもおすすめポイントです。

 

『英語耳』の使い方としては、まず解説を見ながら練習して一通りの発音の出し方がわかるようになったら(これは頭でわかっているということです。当然この時点で発音が正しくできている必要はありません)、約30分のトレーニングを毎日必ず1回やりましょう

 

学習期間については、毎日やって1ヶ月がひとつの目安です。

 

ただし、この期間は人によって多少変わります。ある程度得意・不得意があると思うので、得意だなと思ったひとは20日くらい、苦手だと思った人は40日くらいはみたほうがいいですね。

得意不得意があると言いましたが、毎日継続すれば誰でも絶対にできるようになりますので、途中でめげずにがんばりましょう。

 

また、参考書は基本的にこの『英語耳』をおすすめすると言いましたが、他の本を使うという場合は、

  1. ひとつひとつの発音について言葉でわかりやすく説明が書いてあること
  2. 分厚すぎない、さっと読める分量であること

を基準にして選んでください。

 

トレーニングが終わったら

約1ヶ月の間、発音をみっちり練習したら発音のみにがっつり勉強の時間を割くことはもうないでしょう。

 

あとは実践で練習を積むだけです。

 

単語ひとつひとつが正しく発音できても、文をすべてうまく発音していくのにはさらにある程度の訓練が必要です。

しかし、『英語耳』で1ヶ月みっちり発音を鍛えておけば、あとは毎日の学習で英語に触れているだけでだんだんと文単位での正しい発音もできるようになってきます。

 

教材については普段使っているもので大丈夫ですが、特に普段使いのテキストを持っていないという人は、NHKの語学テキストを使うのがおすすめです。

NHKの語学テキストは英文の質が非常に高いですし、初心者向けから上級者向けまで、あらゆるレベルのテキストが揃っているので、どんなレベルの人でも自分にぴったりの教材を必ず見つけることができます。

(参考記事)

NHKラジオでおすすめの英語講座をレベル別にまとめてみた

 

まとめ

というわけで発音をしっかりとトレーニングするメリットと、具体的な勉強方法について書いてみました。

 

英語の勉強をはじめたらまずは発音です。

 

『英語耳』を使って集中的に1ヶ月間みっちり発音を練習することで、その後の学習の効率が飛躍的にアップします。

 

この初めの1ヶ月が、今後の英語の学習がうまくいくのかを決めてしまうのです。

英語の発音が苦手だという人は、是非『英語耳』を使ってトレーニングしてみてください。

英語耳[改訂・新CD版] 発音ができるとリスニングができる

英語耳[改訂・新CD版] 発音ができるとリスニングができる

 

 

(こちらの記事もおすすめ)

オンライン英会話での講師の選び方!先生選びはかなり重要です。

英検1級・TOEIC900点の人がおすすめの英語参考書を10冊厳選してみた

アニメを使って英語を勉強するのが超おすすめな件について