読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

4ヵ国語を勉強するブログ

留学経験なし、独学で英検1級,TOEIC980点,TOEIC SW170/200を達成。「言語は楽しく学ぶべき」という方針の元、最大の効率で結果を出せる勉強方法をブログに投稿しています。中国語やドイツ語など、英語以外の言語も勉強中。

『TOEIC TEST サラリーマン特急 新形式リスニング』で良問のストックを増やそう!アプリも優秀!

TOEIC TOEICおすすめテキスト
スポンサーリンク

特急シリーズからおすすめの新刊が出たのでレビューしていきます!

『TOEIC TEST サラリーマン特急 新形式リスニング』というテキストです。

TOEIC TEST サラリーマン特急 新形式リスニング

TOEIC TEST サラリーマン特急 新形式リスニング

 

 

テキストの内容と難易度

タイトルからもわかるように、新形式に対応したリスニング問題集です。

Partごとの問題数としては、

Part1・・・8問

Part2・・・25問

Part3・・・33問 (11の会話)

Part4・・・27問 (9のスピーチ)

となっています。合計で93問なので、だいたいTOEICのリスニング問題1回分が収録されているくらいのボリュームだと考えてください。

 

難易度としては、本番と同じくらいだと感じました。

音声のスピード、選択肢の作り(ひっかけ方)、使われている語彙、問題文の長さなど、さまざまな面でかなり再現度が高いです。

 

スマホアプリが便利すぎる!

ぼくはずっと、英語の教材はすべてCDではなくPCでの音声ダウンロードになればいいなと思っています。

CDをいちいちPCに取り込むのがめんどうだし、CDがどんどんたまっていって、邪魔になるからです。

今回のこの問題集のリスニング音声は、PCでダウンロードすることができるのでその点便利です。

また、PCでのダウンロード以外にも、スマホの専用アプリをダウンロードすると、音声が聞けるようになっています。

 

これが革命的に便利でした。

 

スマホでアプリ(『abceed analytics』というアプリです)をダウンロードすればいいだけなので、PCでのダウンロードよりも便利です。

 

しかも、ただ音声が聞けるだけではなく、アプリ内で、再生速度を変更することができます。

0.5~2.0倍速まで7段階で速度を変えられるようになっているので、結構細かく速度を変えることができるんです。

 

おすすめなのが、復習のときに1.2倍速か1.5倍速にすることです。

 

速いスピードの音声を聴き込むことによって、普段のスピードが遅く感じるようになりますし、何より短い時間でサクッと2回目、3回目の復習ができるようになります。

 

ちなみに、つい最近発売された『TOEIC LISTENING AND READING TEST 標準模試1』という模試問題集も同じアプリで音声が聞ける参考書で、合わせて使うのにおすすめです。

TOEIC LISTENING AND READING TEST 標準模試1

TOEIC LISTENING AND READING TEST 標準模試1

  • 作者: 神崎正哉,Daniel Warriner,ダニエル・ワーリナ
  • 出版社/メーカー: IBCパブリッシング
  • 発売日: 2016/11/11
  • メディア: 単行本(ソフトカバー)
  • この商品を含むブログを見る
 

英語教材の音声をアプリでダウンロードするのが今後スタンダード化するのに期待します。

 

軽いテキストなのに濃い内容

ポケットサイズで軽いテキストにもかかわらず、内容はとても濃く、多くのことが学べるようになっています。

 

まず、TOEICのリスニング問題を解く際に気を付けなければいけないことについて、かなり詳しく書かれています。

たとえば、文脈理解をこころがけることや、正解の根拠となる部分を予測することなどです。

これらは、リスニングで高得点を取る人が問題を解く際に考えていることです。高得点をとるためのコツがもれなく紹介されています。

 

また、問題の解説も、類書と比べると丁寧でわかりやすいと感じました。どこがポイントなのか、この問題が何を聞いているのかが明示されています。

 

さらに、問題を解いた後、教材を使ってどのようにトレーニングを積んでいけばいいのか、そのトレーニング方法についても書いてあります。

 

このように、このテキストは説明が丁寧なので、初心者でも安心して取り組むことができるでしょう。

 

中級者以上にもおすすめ!

説明が丁寧なので初心者でも取り組めると言いましたが、このテキストはもちろん中級者以上(650点~900点)の人にもおすすめです。

TOEICのリスニングはある程度慣れたら、あとはいかに多くの良問に触れられるのかが勝負になります。

このテキストは問題のクオリティが高いので、取り組むことで良問のストックを増やすことができるのでその意味でもおすすめだと言えます。

 

まとめ

というわけで『TOEIC TEST サラリーマン特急 新形式リスニング』のレビューでした。

TOEICのリスニングは、資格試験の中でも難しい部類に入る試験です。

聞いた情報を正確に把握するのはかなりの集中力を使い、それを試験時間中維持しなければいけないのが特に難しいポイント。

上級者でも、問題を解くトレーニングをさぼっていると、正解率は下がっていってしまいます。

このような良問が詰まった問題集でどんどん問題演習を積んでいくことが、得点アップのカギです。

1000円もしない低価格なのもおすすめポイントです。ぜひ使ってみてください。

TOEIC TEST サラリーマン特急 新形式リスニング

TOEIC TEST サラリーマン特急 新形式リスニング

 

(こちらの記事もおすすめ)

新形式TOEICの公式問題集を解いたので傾向と対策を含めいろいろまとめてみるよ

NHKラジオでおすすめの英語講座をレベル別にまとめてみた