読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

4ヵ国語を勉強するブログ

留学経験なし、独学で英検1級,TOEIC980点,TOEIC SW170/200を達成。「言語は楽しく学ぶべき」という方針の元、最大の効率で結果を出せる勉強方法をブログに投稿しています。中国語やドイツ語など、英語以外の言語も勉強中。

リスニング上達のカギは「集中力」!高い集中レベルでリスニングに取り組める勉強法を紹介します。

スポンサーリンク

リスニングのトレーニング中、高い集中レベルで聞くことを意識していますか?

 

「もちろん!」

 

という人もいると思いますが、

 

「そんなの考えたこともない」

「ほとんど聞き流してるだけ・・・」

 

そういう人も多いのではないでしょうか。

 

英語の技能は大きく①リーディング②リスニング③ライティング④スピーキングの4つに分けることができますが、この中でもリスニングは、トレーニング中いかに集中できるのかが上達を大きく左右します。

 

「リスニングの勉強中、集中することは特に意識していない。ただ聞き流している時間が長い。」

 

という人は、リスニング力の向上をあまり実感していないのではないかと思います。

 

とにかく、リスニングの勉強で大事なのは集中力です。

 

ただ、「どうすれば集中してリスニングのトレーニングに取り組めるのか?」というのがちょっと曲者なんです。

というのも、「よし、今から集中するぞ!」と心で思うだけでは不十分だからです。

 

もちろん、「集中してやるぞ!」という意識も非常に大切なのですが、集中してリスニングを行うためには、ちょっとした工夫も必要になります。

 

今回は、

  1. 意識面
  2. 具体的な方法

という2つの点から、高い集中レベルでリスニングに取り組める方法を紹介していこうと思います。

 

リスニングは集中力が低くなりがち

そもそもリスニングは特に集中レベルが低くなってしまいがちなトレーニングなんです。

 

これはなぜかというと、リスニングという行為自体が受け身の行為だからです。

「聞く」ってかなり受け身ですよね?

 

他の勉強、たとえばスピーキングは、そもそも「話す」という行為自体が積極的・自発的なので、自然と集中状態に入っていけます。

これに対してリスニングは、別に集中していなくてもただ聞いていれば勉強として成立してしまう(ように感じる)ので、集中レベルが低くなりがちなんです。

 

しかし、これまで何回も言ってきたように、集中して聞かないとリスニングは上達しません。

 

リスニング中に集中できていないなと感じる人は、ここの意識をまず変えていく必要があります。

 

つまり、リスニングという受け身の行為を、むしろ積極的に、アグレッシブにトレーニングしていくんだ、という意識をまずは持つ必要があるんです。

 

英語の鬼・植田一三の『英語スピーキング力』という本で読んで覚えているんですが、

英語スピーキング力 4技能+αで全方位から集中攻略

英語スピーキング力 4技能+αで全方位から集中攻略

 

 

看護師が英語の勉強をすると、リスニングの上達が普通の人よりもかなり早いそうです。

 

植田一三は、これは看護師は普段、オペなどの緊迫した状況の中で、医師の指示を瞬時に・的確に聞く必要があるからだと分析しています。

 

看護師にとって「聞く」という行為は普通の人の「聞く」とは違い、積極的でアグレッシブなものなのです。

英語の勉強中もこの意識が自然と働くので、リスニング力を普通の人よりも早く向上させるというわけですね。

 

具体的な工夫

冒頭でも述べたとおり、「よし、集中するぞ!」という意識だけでは不十分です。

ここからは、高い集中レベルで勉強するための具体的な方法を紹介していきます。

 

①スクリプトをなるべく見ない

教材のスクリプト(CDの英文が書かれたもの)はなるべく見ないようにするのがおすすめです。

 

勉強中にスクリプトを頻繁に見てしまうと、英語を聞いている最中に

 

「わからなかったらすぐスクリプトを見ればいいや」

 

という意識が知らず知らずのうちに働いてしまい、集中して聞かなくなります。

 

当たり前の話ですが、実際に英語を使う場面では、スクリプトなんてありません。

1回きり。聞き取れなかったらどうしようもない一発勝負です。

 

「わからない単語を調べたい」

「聞いた英語の内容を一刻も早く確認したい」

 

そういう気持ちがあるのもわかりますが、これではいつまでたってもスクリプトから離れられなくなります。

 

スクリプトを見すぎている人は、思い切ってスクリプトを見る頻度を最小限にしてみてください。

「自分の耳でちゃんと聞き取るぞ」

という意識が自然と働き、高い集中モードに入ることができますよ。

 

②リピーティングをする

リピーティングというトレーニング方法を知っていますか?

これは、ある程度の長さの英文を聞き、それを自分の口で繰り返して発話するというリスニングのトレーニング方法です。

 

リピーティングでは、英語がしっかりと聞き取れないと、そもそもトレーニングとして成立しないので、否が応でも集中せざるを得なくなります。

 

実際、リピーティングは20分もやるとヘトヘトになり、もう今日は英語いいかなという気持ちになってきます。

それだけ密度が濃く、集中力が要求されるトレーニング法だということですね。

 

リピーティングの詳しいやり方と効果については下記にまとめたのでぜひ合わせてお読みください。

kazuuiword.hatenablog.com

 

③TOEICや英検などの問題集を解く

問題集を使って勉強するのも、集中レベルを上げるのに有効です。

問題集を使った場合、通常の勉強に正解・不正解というゲーム性が加わるので、より集中した状態で勉強ができるんです。

 

どうせ問題を解くならやっぱり正解したいじゃないですか。

この気持ちが集中レベルを上げてくれます。

TOEICテスト公式問題集 新形式問題対応編

TOEICテスト公式問題集 新形式問題対応編

 

 

"聞いている時間"を増やそう

「アグレッシブに聞く」

ということ以外に、

  1. スクリプトをなるべく見ない
  2. リピーティングをする
  3. 問題集を解く

という3つの勉強の工夫を紹介しました。

 

これら3つの工夫はどれもそれぞれ全く違ったものですが、

 

英文をうんうんとうなりながら聞く時間を増やす

 

ということにフォーカスしているという点で共通しています。

 

リスニング中の集中力を上げるためにはこれが大事なんです。

 

リスニングの勉強中、内容が完璧にはわからない英文を、集中してうんうんとうなりながら聞いている時間よりも、英文中の単語の意味や、背景知識を調べるのに多くの時間を使っている人は多いのではないでしょうか?

 

それらがムダだとは言いませんが、リスニングの勉強で大事なのが「聞くこと」だというのは当たり前のことですよね。

 

とにかく「この英文はどういう意味なんだろう」と思いながら頑張って聞く、その時間を増やすのが勉強の密度を上げるコツです。

 

まとめ:積極的に聞こう

というわけで今回は、高い集中レベルでリスニングに取り組める勉強法を紹介してみました。

記事の最初の方でも書きましたが、リスニングの勉強中に集中することを意識してこなかった人は、まずは

 

「聞く」という受け身の行為を積極的に行う

 

という意識改革を行ってください。

 

その上でリピーティングなどの高い集中力を要求されるトレーニングを積んでいけば、最大の効率でリスニング力を上げることができるでしょう。

大事なことなので何回も言いますが、「聞く」という普通は受け身の行為を、積極的に、アグレッシブに、攻めて攻めてトレーニングするのが大切です。

 

(こちらの記事もおすすめ)

初心者向け!海外ドラマを使った英語勉強法を解説してみた!

英語テストに必要な背景知識をつける5つの方法!背景知識は英検やTOEFL対策に必須です!