4ヵ国語を勉強するブログ

留学経験なし、独学で英検1級,TOEIC980点,TOEIC SW170/200,中国語検定2級を達成。最大の効率で結果を出せる勉強方法をブログに投稿しています。

札幌に移住して不便・ストレスだと感じていることをあえて書いてみるよ。

スポンサーリンク

移住系ニートブロガーのかずーい(@kazuui81)です。

 

札幌に移住して1年が経ちました。

 

札幌・・・

 

最☆高です^^

 

メシはうまい店が多すぎてヤバヤバピーですし、

 

f:id:yusuke-to-yondekudasai:20191001133946j:plain

(チャーハンのスープとしてラーメンが付いてくる"こく一番"。意味☆不明&最☆高。)

 

都会で便利なのに自然もあって・・・

 

f:id:yusuke-to-yondekudasai:20190516161157j:plain

(豊平川を見るだけで解消されていくストレスよ)

 

最☆高です^^(4行ぶり2回目)

 

そんなわけで今回は札幌の最高な点を3つ書いていこう・・・

 

と思ったのですが、札幌が最高なのは結構みんな知ってると思うので、実際に移住してみて気付いた

 

  • 不便な点
  • ストレスだと感じた点
  • 嫌だと思った点

 

をあえて書いていきます。

 

冬の日の入りが早すぎる

昨年の10月に札幌に移住してきて最初に思ったのが、

 

「日暮れるの早すぎねぇ???」

 

でした。

 

よく豊平川の河川敷なんかを散歩していたのですが、

 

f:id:yusuke-to-yondekudasai:20191001135458j:plain

(これがストレス発散になるのよ)

 

↑の写真は、10/15の16:15です。

 

夕方の4時くらいにもう暗くなりはじめちゃう(10月)

 

いやマジかと。

 

冬なんかは、午後の3時を過ぎたあたりから暮れ始めるなんてこともあるのです。

 

日が早く暮れると、何がマズいのかって、1日がすごく短く感じるから、

 

なんか1日を損してる気分

 

になるんですよ。

 

1日は24時間ってのは変わらないのに不思議ですよね。日が短いだけで1日が短く感じてしまう。

 

特にぼくみたいなニートは起きるのが昼の13時とかだったりするので、起きてゴロゴロしてたらすでに日暮れてて「あれ、今日なにしたんだっけ?」みたいな(それは自分のせい)。

 

あと、日光って健康にすごく大事で、特にメンタルに影響があるので、うつ傾向がある人とかは、冬の札幌はキツいと思います。

 

アメリカでも、南部のフロリダ州などに比べて、北のシアトルなんかはうつの発症が何倍も多いのだそうです。

 

病んでる人は札幌移住はダメですね。

移住するなら沖縄とか、南がいいのでは。

 

運転が危なすぎる

札幌は都会で、中心部は地下鉄も整備されているので、移動はかなり便利です。

 

が、冬場はちょっと買い物に行くとかでも車がないと寒い&雪がウザいってことで、実際は生活するには車がないとキツイと言えます。

 

ぼくも一緒に住んでいる彼女の軽自動車を使っています。

 

で、これに関してひとつ大きなストレスが。

 

運転するのがが危ない!こわい!(特に冬)

 

んですよ。

 

冬の札幌での運転がマジでこわいって話。移住者が気付いた危ない点5つ。

 

↑の記事に詳しく書いたのですが、千葉人のぼくからすると、豪雪の中、車線が雪でよく見えない車道を「まぁここらへんじゃねぇ~?」って感じでみんなビュンビュン車を走らせている光景が、

 

f:id:yusuke-to-yondekudasai:20190911123216p:plain

 

・・・だったわけです。

 

冬だけではない

冬場は"特に"危ないという話で、実は冬じゃなくても運転マジでこわいっす。

 

完全に個人の経験から言ってますが、関東よりも確実にこっちの運転者のマナーは悪いです。

道民すまんな。でもほんとにそう思うんだもの。

 

あと、信じられないくらい路上駐車が多い上に、信号のすぐそばに路駐する一般車とかもフツーにいます。いやこれやってらんねぇよ。

 

北海道(国家)

札幌に移住してわかったのが、北海道はもはやそれでひとつの国家みたいなものだということです。

 

まぁ、バカでかくて島なのでそれも当然なのかもしれません。

 

北海道の人と話していると、「自分が北海道民だ」というアイデンティティが強いなと感じます。

 

だから、移住者からすると"よそ者感"が強いです。

 

これは、ぼくが千葉人だという(さっきから使ってる"千葉人"って何?おれもしらん。)のも大きいのかなと。

千葉の人って自分が千葉だぜって感じ出していかないすからねw

 

とにかく、北海道は他の都道府県に比べると特殊であり、独自の文化を形成しているのは間違いないのです。

 

根室って何?

そうなると、移住1年生の自分としてはそれに馴染めない、話にもうまくついていけない、しきたりがわからないというストレスが少なからず発生するのです。

 

 

「あの回転寿司だけは根室直送だからおすすめだよ」

 

 

ネ~ム~ロ~って~~~~

 

 

な~~~~~に~~~~??????

 

 

みたいなwww

 

いやこれはぼくが頭悪いからなのかもしれませんけど、「あのみなさんご存知の!!!」みたいなノリで北海道内のものを話題に出されるのは小さいけどストレスでした。

 

本州

※これは半分笑い話というか冗談として聞いてください。

 

『北海道の人に絶対言ってはいけない9のこと』

https://www.buzzfeed.com/jp/shunsukemori/hokkaido-is-too-big

 

という記事をたまたまネットでみつけました。

 

この記事では、

 

「2泊3日の北海道旅行!札幌と函館と旭川行きたい!」

道民「」

 

みたいなのがネタにされているのですが(合計900km以上の移動。北海道の大きさを理解していない。)、これに関してはぼくは反撃したい。

 

北海道の人も「本州」って言葉使うじゃん!

 

夏のある日、ぼくは信じられない言葉を聞きました。

 

おじさん「今日の暑さは本州並みだね」

 

↓これを聞いたときのぼく(本人画像です)

 

f:id:yusuke-to-yondekudasai:20190919121811j:plain

 

「え、おじさん、本州って、東は青森県、西は山口県まで広がる、日本国土の約60%を占める島のこと?」

 

・・・と言いそうになった自分をかろうじて抑えました。

 

でもこれ、北海道の人はまぁ~よく使います。

 

「本州のどこ?せめて関東関西くらいまで絞ってクレメンス」

 

と思う自分はやっぱりよそ者・・・。

 

まぁまぁこれは笑い話としても、とにかくこういうこまか~い、ほんとにこまか~くてちっちゃ~いストレスもあるのですよって話でした。

 

よくデメリットだと言われるが別におれは気になっていないこと2つ

「札幌に移住するとこれが不便だよ~」

 

と一般的によく言われるけれど、ぼくはあまり気にならないことを2つ。

 

①寒い・・・けど大丈夫です。

札幌移住を考えている人がいちばん気になるのが冬の寒さだと思いますが、これに関してはぼくは全然大丈夫でした^^

 

札幌は雪がめっちゃ降る寒い地域なのですが、

 

f:id:yusuke-to-yondekudasai:20191001153225j:plain

(いつもの河川敷も当然ながらこんな感じになる。歩けねぇ。)

 

関東より北海道の方が”寒くない”理由を移住者が語る。

 

↑の記事にも書いた通り、暖房設備がすごいので寒さはさほど・・・って感じです。

 

気候面でつらいのは、寒さよりは、その変化が急すぎることですね。

 

ぼくが住んでいた関東に比べると、札幌は夏が終わってからの冷え込みがいきなりグィーーーーンって来ます。

 

いまも絶賛体調崩し中です。

 

②イベント参加が難しい・・・けど大丈夫です。

ライブコンサート、その他イベントの多くは東京で行われるので不便。

 

・・・これは地方移住の話になると必ずといっていいほど出てくる話ですが、ぼくは気になりません。

 

理由は、ぼくが引きこもりニートだからです。

 

自分の部屋でスマホ見たり勉強したりできれば幸せなので関係ないという感じですね。

 

まぁこれはぼくが特殊だと思うので、もしイベントとかライブが好きな人がいたら東京在住をおすすめしますね。

 

ただ、仮に半年に1回くらい東京行きたいかなくらいだったら、札幌⇔東京は飛行機でフライト時間1時間40分くらいで行けてしまうので、そこまでストレスを感じないと思います。

 

総じて最高なんですけどね

いろいろ書いたんですけど、頭ひねって無理やり書いたという感じで、札幌での生活は総じて最☆高です^^(72行ぶり3回目)。

 

日本国内ならいまのところ札幌以外に住みたい都市はありませんね。

 

特に、東京神奈川大阪名古屋・・・人口密度トップ4については一生住まないと思いますw

 

(札幌で2人暮らし。生活費はいくら?こちらの記事に詳細をまとめています。)

kazuuiword.hatenablog.com