4ヵ国語を勉強するブログ

留学経験なし、独学で英検1級,TOEIC980点,TOEIC SW170/200を達成。「言語は楽しく学ぶべき」という方針の元、最大の効率で結果を出せる勉強方法をブログに投稿しています。中国語やドイツ語など、英語以外の言語も勉強中。

オンライン英会話を始める前に知っておきたいこと

スポンサーリンク

スピーキング力アップにはスカイプ英会話が一番!

スビーキング力を上げるのに一番の方法はとにかく話す機会を増やすことです。
 
しかし、日本に住んでいる多くの英語学習者にとってよくある悩みとして、英語をしゃべる機会が少ないというのが挙げられます。
 
そこで注目したいのが今話題のオンライン英会話。
 
好きな時に好きなだけ、場所を選ばずに英会話レッスンが受けられるのですごく便利です。
 
ただ、「どうやってスカイプ英会話レッスンを進めていったらわからない」という人も多いと思いますので、今回はオンライン英会話を受ける前に知っておくべきことを書いていこうと思います。

 

どのくらいの頻度でやればいいの?

オンライン英会話は好きなときに好きなだけ受けられるのが売り。
 
スピーキングを鍛える一番の方法は話す機会をとにかく増やすことなので、できれば毎日、無理だという人は最低でも3日に1回はやりましょう。
 
慣れるまでは毎日大変かもしれませんが、毎日受講しているうちにだんだんとオンライン英会話が生活の一部になってきます。
 
ただし、復習ができなくなるほどレッスンを入れるのも逆に効率が悪くなります。
 
各レッスンで指摘されたことや新しく覚えたことを復習する時間の確保は最優先で考えて下さい。

 

ネイティブ講師か非ネイティブ講師か

オンライン英会話を選ぶ際に、ネイティブ講師か非ネイティブ講師かはすごく迷うところだと思います。

 
結論から言うと、初心者のうちは非ネイティブ講師がおすすめです。
 
非ネイティブの方が圧倒的に価格が安いです。
 
毎日受けても一日あたり数百円程度でレッスンが受けられるオンライン英会話サービスもあります。
 
中でもDMM英会話はコスパ最強です。
 
 
ぼくも使っていますが、講師の質も良く、システム面でも大手企業なので安心して使えます。
 
無料で2回分、体験レッスンが受けられるので、まずはタダで試してみるのがおすすめです。
 
ただ、実力が上がってくるにつれ、非ネイティブ講師では物足りなくなってきます。
 
ぼくの場合、非ネイティブ講師は、英語こそできるものの、その表現が実際に使われているのか、不自然ではないのかが判断できないことが多いので、そこにストレスを感じてネイティブ相手に変えました。
 
ネイティブ講師相手のレッスンは『italki』というサービスを使いました。
 

オンラインの外国語学習サービス【italki】

 
これ、おすすめです。
 
基本的にitalkiがやるのは言語を教えたい人と教わりたい人をマッチングさせるだけ。レッスン料金も講師が勝手に決めるのでバラバラです。
 
いい講師を見つけるまでに苦労するかもしれませんが、他のスカイプ英会話サービスと比べると自由度が圧倒的に高く、ほとんどの講師は自分のニーズに合わせてフレキシブルに対応してくれます。
 
ただし、このitalki、いくつか欠点もあります。これはぼくが経験したことなのですが、レッスン当日に
 
「友達とディナーがあるから」
 
という理由でドタキャンされました笑
 
文化的背景が違う以上仕方ないのですが、こういうイレギュラーなことが面倒だという人はしっかり講師が管理された大手オンライン英会話サービスを選んだほうがよさそうです。
 
また、初級レベルで非ネイティブとの英会話を考えている人で、時間とお金に余裕のある人はフィリピンに留学してしまってもいいかもしれません。
 
フィリピン留学については高城剛氏の『21世紀の英会話』という本が詳しい語学学校リストなどもついていておすすめです。
21世紀の英会話

21世紀の英会話

 

 

とにかく質問してもらう!

では具体的にレッスンをどのように進めるのがいいのでしょうか。
 
いい教材?いいカリキュラム?そんなの関係ありません。
 
コツは、とにかく質問をしてもらうこと。
 
これはこの記事でぼくが一番強調したいことなのですが、
 
英会話レッスンで実力が上がっているのは、どうやって英語で言ったらいいのかわからなくてあたふたしているまさにその時なんです。
 
知らなかった表現を教えてもらって、へぇー、とか思いながらのんきにノートに書いてるときじゃないんですよ。
 
ストレスフリーで英会話レッスンを受けている人がいたらそれは時間の無駄です。
 
「これどうやって英語で言えばいいんだ!?」
 
そう思ってパニックになっている時間をできるだけ作り、レッスン後に打ちのめされた気分になるくらいじゃないと英語なんてしゃべれるようになりません。
 
そして、その濃密な時間を作り出す方法が、
 
とにかく相手から質問してもらう
 
ということなんです。
 
頭の中の考えを英語としてひねりだす時間をできるだけ多く作ることで、発信力を爆上げすることができるのです。

 

まとめ

スピーキング力を上げるにはスカイプ英会話を使わない手はないです。
その際注意することは、できるだけ質問を多くしてもらって、自分から発信する時間を確保することです。
 
それでは明日からもまた英語の勉強頑張りましょう!
 

 

(こちらの記事もおすすめ)

中学レベルの英語を復習するのにおすすめの参考書と勉強法を徹底解説してみた

英単語集を使った単語の勉強法!おすすめの覚え方はこれだ!