4ヵ国語を勉強するブログ

留学経験なし、独学で英検1級,TOEIC980点,TOEIC SW170/200を達成。「言語は楽しく学ぶべき」という方針の元、最大の効率で結果を出せる勉強方法をブログに投稿しています。中国語やドイツ語など、英語以外の言語も勉強中。

洋書は紙と電子書籍(Kindle)、どっちで読むのがおすすめ?メリットとデメリットを考えてみた。

洋書を読むとなると、

  1. 紙の本で読むのか
  2. Kindleなどの電子書籍で読むのか

の2つの選択肢がありますよね。

最近は電子書籍が爆発的に普及していることもあり、実際ぼくの周りでもiPhoneや、電子書籍の読書に特化したデバイス『Kindle Paperwhite』などを使って洋書読書を楽しんでいる人が増えたなという印象があります。

 

Kindle Paperwhite Wi-Fi、ブラック

Kindle Paperwhite Wi-Fi、ブラック

 

 

こういう状況もありますし、何より電子書籍はとにかく便利なので、

 

「いやいや、もはや紙で読書するとかありえないでしょ?」

 

という人も多いと思います。

 

しかし!どちらかというと紙で洋書を読みたいぼくとしては、

 

「紙で読むのも悪くないよ!」

 

と声を高々に主張したい部分もあるんです笑。

そんなわけで今回は洋書読書について、紙VS電子書籍という切り口からいろいろ考えていこうと思います。

※電子書籍には色々ありますが、もっとも普及しているのはKindleなので、以下電子書籍という言葉はなるべく使わず、"Kindle"と書いていきます。以下Kindle=電子書籍という前提でお願いします。

 

電子書籍の方が圧倒的に便利!

さて、紙で読む良さを伝えたい!と大見得を切って発進したは良いのですが、実際問題、紙とKindleを比べると、Kindleの方が圧倒的に便利でおすすめである、という結論に達してしまいます。

 

手軽!

Kindleの場合、リアル書店に行く必要はなく、家でダウンロードすればOKなので、めちゃくちゃ手軽なんです。

しかも、洋書の場合、

 

本屋に行っても種類が少なかったり、そもそも洋書自体が置いてなかったりする

 

といった事が往々にしてあるので、本のバリエーションの面を考慮しても、Kindleの方が優れていると言えますね。

 

安い!

本にもよりますが、たいていの場合、洋書の値段は、

 

リアル書店 > ネット通販 > Kindle

 

の順番に高いです。

ぼくの経験上、どの本も、リアル書店で買うより少なくとも数百円程度Kindleの方が安く買えますね。

 

場所を取らない

紙の本って意外とかさばりますよね。

その点、Kindleだと場所を取らないので便利です。

スマホで読む場合は、洋書が占めるスペースゼロですし、さきほど冒頭で紹介した『Kindle paperwhite』にしても、洋書1冊と比べても圧倒的に薄く、カバンに入れてもほとんどスペースを取りません。

 

さまざまな設定ができる

Kindleだと、好きなように画面をカスタマイズできます。

文字の色や背景の色もそうですし、個人的に一番うれしいのは文字のサイズが変更できることです。

 

「スマホで読んだら字が小さくて嫌になりそう・・・」

 

と思っている人もいるかもしれませんが、文字サイズを変えれば問題ありません。

例えば、下の画像くらい大きな文字にすることも可能です。

(画像をスマホの画面サイズだと仮定してください)

 

f:id:yusuke-to-yondekudasai:20171103155230j:plain

 

紙の洋書って、文字サイズがめちゃくちゃ小さいのが結構あるんですよ。

ぼくはそれで購入を断念したことが何度もあります。

その点Kindleでは文字サイズを気にする必要がないので非常に便利ですね。

 

紙の本も良いぞ!!

というわけでとりあえずKindleのメリットをざっと挙げたんですが、こうやって見てみると、紙の本からするとぐうの音も出ないというか、

 

「いやKindle一択じゃん!」

 

となってしまいそうです。

が、紙でも洋書読書にもメリットはあるんです。

 

どのくらい読んだのかがわかりやすい

紙の場合、途中でどこまで読んだのかすぐにわかりますよね。

もちろんKindleでもわかるんですが、下の画像のように

  • 何パーセント読んだのか
  • バーで表示

されるので、実際に手に取って感じることができる紙と比べると、わかりにくいです。

 

f:id:yusuke-to-yondekudasai:20171103162413j:plain

 

日本語の本とほぼ同じくらいのスピードでガンガン読める人は話は別ですが、おそらくたいていの人は洋書は頑張ってちょっとずつ読んでいく・・・という感じではないでしょうか?

 

そうなると、「どこまで読んだのか」がすぐに実感できるのかは、非常に重要なポイントだと言えます。

 

それに、紙の本だとページを指で実際に繰っていくたびに、「読んでる!」という実感がわいてくるので、英語学習の一環として洋書読書を取り入れている人は紙で読むのが特におすすめだと思うんです。

 

書き込みやすい

これは英語の勉強として※ラダーリシーズなどの簡単な洋書を使って勉強している人限定なんですが、このような場合、紙の方が圧倒的に書き込みやページを折ったりがしやすいので便利です

もちろんこれもKindleでもできることはできるんですが、書き込み自体もそうですし、あとで参照する作業も含めて紙の方がやりやすいです。

 

※ラダーシリーズ・・・IBCパプリッシングから出版されている、英語学習者向けに語彙・分量が制限された洋書。初心者に絶大な人気がある。詳しくは下記の記事にまとめました。

初めての洋書にはラダーシリーズのレベル1とレベル2がおすすめ!

 

洋書って、なんか良い

f:id:yusuke-to-yondekudasai:20171103163326j:plain

 

洋書って、なんかわからないですけど不思議な魅力がありませんか?

 

すごく主観的な話なんですが、ぼくの中では

 

「洋書=かっこいい」

 

というイメージがあります。

電車や公園で洋書を楽しんでいる人の姿とか、素直に良いなと思いますし、本棚に並ぶ洋書も見てかっこいいなと思います。

所有する喜びもあるんですよね。

 

また、リアル書店で洋書を買って帰る帰り道とか、

 

「よっしゃ洋書買ったぞ~読むぞ~!」

 

みたいな謎の高揚感もあります。

これは、Kindleでダウンロードした時には得られない感覚です。

 

「うわ~、しょーもな!」

 

と思った人も多いかもしれませんが笑、実際、洋書に対してぼくのような感覚を持っている人は少なくないのではないかと勝手に想像しています。

 

まとめ

というわけで今回は洋書について、紙VS電子書籍という観点から記事を書いてみました。

最後はちょっと主観的な話になってしまったのですが笑、そうは言いつつも結構共感してくれる人がいるのではないかと勝手に思っています。

だって、紙の洋書ってなんかテンション上がるじゃないですか!

ぼくは、リアル書店(新宿紀伊国屋は洋書が多いのでよく行く)で洋書はなるべく買い。読みたいのがなかったり、文字サイズが小さかったりしたらKindleで読むようにしています。

非合理的なのは頭ではわかっているんですけどね。人間ってそんな単純じゃないってことですかね。

それでは!

 

(こちらの記事もおすすめ)

ノンフィクションの洋書多読が英語学習におすすめである3つの理由!

映画化された洋書おすすめリスト!洋画を原作でも楽しもう!

英語学習方法がわかるハウツー本おすすめ厳選3冊。これ以上読むのは逆に危険!?

本屋の英語参考書コーナーに行くと、単語集や文法問題集などのテキストの他に、「英語の勉強方法が書いてある本」を多く目にします。

この類の本は本当に大量に出ていて、大きい本屋に行くと少なくとも数十冊は置いてあります。

 

これだけ多くのハウツー本が並んでいると、英語の学習方法が知りたいと思っている人は、

 

「一体どれを読めばいいんだ!」

 

と思ってしまうでしょう。

 

また、これらのハウツー本は、読むとなんだかそれだけでできたような気分になってきて、それで満足して結局肝心な"勉強をしない"・・・という事態を招くことが往々にしてあります。

勉強方法にだけやたらと詳しい人を見たことがある人も少なくないはずです。

 

このような人にならないためにも、安易にハウツー本に手を出すのは危険だと言えます。

 

実際のところ、英語学習本なんて、1冊しっかりとしたものを読めばそれで大丈夫なんです。

 

そこで今回は

  • これだけ読んでおけば大丈夫!という1冊
  • おかわりとして何か別の本がどうしても読みたい人がいたらこれかな・・・という強いて挙げる2冊

の合計3冊を紹介していこうと思います。

 

『英語上達完全マップ』だけ読んでおけば大丈夫です

英語学習のハウツー本の中で、ダントツでおすすめなのが『英語上達完全マップ』です。

 

英語上達完全マップ―初級からTOEIC900点レベルまでの効果的勉強法

英語上達完全マップ―初級からTOEIC900点レベルまでの効果的勉強法

 

 

この本には、ぼく自身かなりお世話になりました。英検1級・TOEIC900点に到達し、語学学習についてのブログ記事を書くようになったのも、この本によるところがかなり大きいです。

 

「って、お前が使った本だから良いって言ってるだけやん」

 

と思う人もいるかもしれませんが、そんなことはありません。

多くの英語関連本を読み、当ブログでもレビューしてきましたが、それらの本も含めて今改めてできるだけ客観的に考えてみても、『英語上達完全マップ』が頂点なんです。

 

とことん具体的

この本では、学習方法について、とにかく具体的に書かれています。

たとえば音読だったら、音読という学習には

  • どういう効果があって
  • どのくらいの量を
  • どのくらいの期間やればいいのか

がはっきりと示されているんです。

 

英語ハウツー本によくあるのが、「音読はいいぞ!」とまでは書いてあるんですが、具体的なやり方まで書かれていないので、読んでも

 

「実際、どうやって勉強を進めていけばいいのーーーーー!?」

 

となってしまうパターンです。

その点、『英語上達完全マップ』は徹底的に具体性にこだわっているので、本に書いてあることをとりあえず実行することができるんです。

 

効果的な学習方法

この本では、大きく分けて

  • 音読
  • 瞬間英作文
  • 文法
  • 多読
  • 語彙強化
  • リスニング
  • 会話

の7つの学習が紹介されています。

これら7つは、「これ以上多いとやりすぎ、少ないと足りない」というジャストでいい感じなラインを攻めたセットになっていると感じます。

 

世の中のハウツー本は、

 

「これだけをやれば英語マスターできるぞ!」

 

パターンか、逆に「これもあれも全部大事です」・・・という詰め込みすぎかの両極端のものが多いです。

が、何かひとつのことをやっていればできるようになるほど英語学習は単純ではありませんし、かといってなんでもやろうとするとパンクしてしまいます。

分量の過不足のなさ、これもこの本の良いところですね。

 

注意:すべて実践する必要はない

『英語上達完全マップ』には、英語学習方法のエッセンスが詰め込まれていますが、

 

これらをすべていきなり実践しようとしないように注意

 

してください。

 

「よーし、今日からこの本に書かれている通りに全部実践するぞ!」

 

となってしまうと、まず挫折します。

 

おすすめなのは、この本に書かれていることをまずはひとつ実践してみて、「いい感じ!続けられそう!」と思ったら自分の学習に取り入れ、そうでもなかったらまた別のをひとつ試してみる、という方法です。

 

ベースとして自分の日々の学習というものがあり、それにちょっとずつ組み込んでみる・・・これがハウツー本との賢い付き合い方です。

 

「この本の通りにやるぞ!」と意気込んで挫折、次のハウツー本へ・・・というのがハウツー本の泥沼にはまっていくパターンです。注意しましょう。

 

ちなみに、『英語上達完全マップ』で紹介されている勉強法のうち、ぼくが個人的に最もおすすめでまず試してもらいたいのが瞬間英作文です。

文字通り瞬間的に英作文していくトレーニングです(詳しくは下記の記事にも書きました)。

 

『どんどん話すための瞬間英作文トレーニング』で英文法を感覚レベルで身に付ける!

 

このトレーニングによって多くの学習者のネックとなっているスピーキング力を効果的に鍛えることができます。

瞬間英作文の最もおすすめのテキストは、この『完全マップ』の著者が出している『どんどん話すための瞬間英作文トレーニング』です。

どんどん話すための瞬間英作文トレーニング (CD BOOK)

どんどん話すための瞬間英作文トレーニング (CD BOOK)

 

 

『外国語上達法』と『わたしの外国語学習法』もおすすめ

 英語学習について有効な方法をとりあえず知りたい方は『英語完全上達マップ』を読んでおけばOKですが、「もっと読みたい!」という人のためにこれとは別におすすめ2冊を紹介しておきます。

ただ、繰り返しにはなりますが、この手の本を読みすぎて肝心な勉強するという部分がおろそかにならないように注意しましょう。

 

『完全マップ』以外におすすめなのは『外国語上達法』(千野栄一著)『わたしの外国語学習法』(ロンブカトー著)です。

 

外国語上達法 (岩波新書 黄版 329)

外国語上達法 (岩波新書 黄版 329)

 
わたしの外国語学習法 (ちくま学芸文庫)

わたしの外国語学習法 (ちくま学芸文庫)

 

 

前者は日本人、後者はハンガリー人が書いた本です。

いずれの本も、熱狂的な外国語学習者である筆者が、

  • 外国語を学ぶ目的
  • 理想的なテキスト
  • 単語の覚え方

などについて、自身の経験をもとに詳しく記述しています。

 

どちらの本も読みやすいにもかかわらず内容が濃く、ぼく自身読み返すたびに新たな発見があります。

特に後者の『わたしの外国語学習法』については、個人的にいちばん好きな外国語関連書籍です。

 

この本で紹介されている外国語の会話上達の公式(下の画像は本書より引用)や、

f:id:yusuke-to-yondekudasai:20171006181913j:plain

 

外国語は、四方八方から同時に襲撃すべき砦であること。

(212ページより引用)

 

という言葉は、本当に真理を突いていると感じます。

 

まとめ:少しずつ吸収していこう

というわけで今回は、英語学習方法のヒントが書かれた本としておすすめのものを3冊厳選して紹介してみました。

『完全マップ』を紹介したところでも触れましたが、これらの本に書かれていることはいっぺんに真似しようとはせず、少しずつ少しずつ自分の学習に取り入れていくつもりでやっていくのがコツです。

 

また、これも先ほど述べたことですが、この類の本ばかり読んで、肝心な勉強の部分がおろそかにならないように注意してください。

 

この記事で挙げた3冊以上を読むなら、知識を詰め込んだ方がいいと思います。

ただし、勉強に疲れてしまった時などは、気分転換・息抜きとして新しいハウツー本を読み、モチベーションを上げるのも手ではあります。

 

その際は、この記事で挙げた3冊のように

  • 何回も読み直してエッセンスを少しずつ吸収する

という読み方ではなく、

  • ただの息抜きのための読み物としてさっと1回読んで、読んだらブックオフに売ってしまう

くらいのスタンスがおすすめです。このブログも含めて笑

英語上達完全マップ―初級からTOEIC900点レベルまでの効果的勉強法

英語上達完全マップ―初級からTOEIC900点レベルまでの効果的勉強法

 

 

(こちらの記事もおすすめ)

【英語】難しめの教材を使って勉強すべき理由。簡単なテキストばかりやっていても伸びません!

英語の勉強時間は1日何時間がベストなのか?学習効果が最も高い勉強時間について考えてみた。

中国語の瞬間作文ができるおすすめ本と勉強法を紹介します!

"瞬間作文"とは、日本語の文を見て(聞いて)、それをすぐさま外国語に直すトレーニングのことを言います。

元々は『どんどん話すための瞬間英作文トレーニング』という英語の参考書が最初ですが、この本によって瞬間作文というトレーニング方法の有効性が広まり、現在は英語だけではなくさまざまな言語で瞬間作文のテキストが出ています。

 

どんどん話すための瞬間英作文トレーニング (CD BOOK)

どんどん話すための瞬間英作文トレーニング (CD BOOK)

 

 

中国語でもこの瞬間作文トレーニングを意識した本が何種類か出版されています。

今回は、

  • 中国語の瞬間作文トレーニングができるおすすめ本
  • おすすめの勉強法

の2点を中心に紹介していこうと思います。

 

瞬間作文の効果とは?

具体的なテキストと勉強法の前に、瞬間作文の効果について簡単に紹介しておこうとお思います。

 

瞬間作文の最大の効果は、ずばり言ってスピーキング力アップです。

瞬間作文をやることで、文法事項が単なる知識としてだけではなく、身体に浸透します。

日本語を見てから間髪入れずに中国語に訳さなければいけないので、瞬間作文ではじっくり考えているヒマはありません。

瞬時に文法的に正しい文を作る、このトレーニングを何回も続けていくことで、感覚レベルで文法を習得することができるので、結果として正しい中国語の文を瞬時に作ることができるようになります。

つまり、スピーキング力が上がるというわけです。

 

おすすめテキストはずばりこれだ!

瞬間作文ができる中国語テキストは何種類か出ていますが、それらの中でもダントツでおすすめなのが『口を鍛える 中国語作文 語順習得メソッド』です。

 

[CD2枚付]新版 口を鍛える中国語作文-語順習得メソッド【初級編】

[CD2枚付]新版 口を鍛える中国語作文-語順習得メソッド【初級編】

 
[CD2枚付]新版 口を鍛える中国語作文-語順習得メソッド【中級編】

[CD2枚付]新版 口を鍛える中国語作文-語順習得メソッド【中級編】

 

 

『口を鍛える 中国語作文』は『初級編』と『中級編』の2冊が出ていますが、2冊どちらにも取り組むようにしてください

『初級編』では基本的な文の作り方から比較、中国語において学習のネックとなる補語の基本まで勉強、続く『中級編』で慣用表現のストックを増やして知識を深めていく・・・という流れになっています。

この2冊を通してやることで、実用上必要な文法事項をひととおり学習できるので、必ず2冊セットで最後まで学習するようにしましょう

 

『口を鍛える 中国語作文』それぞれ75のテーマに分かれており、ひとつのテーマに収録されている文は8つです。

つまり、1冊で600文のストックをためることができます。

 

『口を鍛える 中国語作文』の勉強方法

①中国語を隠して訳してみる

 『口を鍛える 中国語作文』は、見開き1ページで左側に日本語、右側に中国語というレイアウトになっています。

まずは、紙などを使って右側ページを隠し、日本語を中国語に訳していくトレーニングをしていきましょう。

 

ちなみに"瞬間"作文とは言いますが、1回目からスピードを意識する必要はありません。

 

何回も繰り返しトレーニングしていくうちに、だんだんと瞬間的なスピードに近づいていけばいいんです

 

 

②音声CDを聞く

このテキストにはCDが付属しており、「日本語→中国語」の順番で音声が録音されています。

これを聞いて、中国語の発音をしっかりと確認しましょう。

 

ちなみに、この段階で発音に四苦八苦してしまうと言う人は、一度発音のみを取り上げた本を1冊こなしてから再びチャレンジするのをおすすめします。

中国語の基本はとにかく発音です。

 

(参考記事)

kazuuiword.hatenablog.com

また、日本語を聞いてそれをテキストを見ずにすぐさま中国語に変換していくトレーニングもしてみましょう。

口パクでやっても効果があるので、テキストを広げて勉強できない通勤電車の中などでもできます。

 

注意点

①と②のトレーニングを繰り返し繰り返し行い、最終的に瞬間的に反応できるレベルに仕上げていけばOKです。

が、ここでひとつ注意点があります。

 

まず、1テーマの前半4文を消化したら、次のページに移ってしまいましょう。

 

瞬間作文トレーニングは、同じページに載っている例文はどれも似ているので、真面目に1ページ1ページすべてやっていたら嫌になって挫折してしまう可能性が高いです。

 

1周目に前半4文、2周目に全8文、という流れで消化するとびっくりするほど挫折しにくくなります。ぜひ試してみてください。

 

"おかわり"でもう1冊

 『口を鍛える 中国語作文』が8割方終わったら、"おかわり"としてもう1冊別のテキストを購入して挑戦してみましょう。

おすすめなのは、『通訳メソッドを応用した中国語短文会話800』です。

 

通訳メソッドを応用した中国語短文会話800

通訳メソッドを応用した中国語短文会話800

 

 

この本には、

A:どこで乗り換えるの?

(在那儿换车?)

B:乗り換えなくていいんです。

(不用换车。)

などの、日常生活で使えそうな会話が合計800個収録されているテキストです。

 

おすすめなのがなんといってもCDで、高速スピードでガンガンで録音されています。

このCDを聴くことで、ぼくはリスニング力がかなり付きました。

瞬間作文をして、十分文を理解した上でCDを聞き込むことで、スピーキング力とリスニング力のアップが期待できるので、会話能力が爆上がりします。

 

ちなみに、この本の他だと、『キクタン』という単語集を使って瞬間作文トレーニングをするのもおすすめです。

 

キクタン中国語【初中級編】中検3級レベル

キクタン中国語【初中級編】中検3級レベル

 

 

『キクタン』は単語集ですが、それぞれの単語に例文がついており、これが瞬間作文の教材として使えます。

ボキャブラリーを効率的に増やしながら瞬間作文もできるのでかなりおすすめです。

難易度についても、『キクタン中国語』はレベル別に6冊も出ているので、自分のレベルにあった1冊を見つけることができます。

 

まとめ:なんでも教材に!?

というわけで今回は中国語の瞬間作文トレーニングができるおすすめ本と勉強方法について紹介してみました。

この記事で紹介した本を消化できた後の話ですが、その後も瞬間作文は断続的に続けていくのがおすすめです。

専用のテキストでなくても、日本語とその中国語訳さえあれば、瞬間作文トレーニングはできます。

中級を超えたら、その時使っているテキストを用いて、瞬間作文してみてください。これを定期的にやることで、スピーキング力の大きなアップが期待できます。本当です。

それでは!

[CD2枚付]新版 口を鍛える中国語作文-語順習得メソッド【初級編】

[CD2枚付]新版 口を鍛える中国語作文-語順習得メソッド【初級編】

 

 

(こちらの記事もおすすめ)

中国語学習に向いている人はどんな人?成功しやすい3つのパターン。

英語と中国語ではどっちが難しいのか?3つの角度から考えてみた!

『総合英語 Forest』(桐原書店)が販売終了!大ベストセラーの英語テキストが姿を消すその理由とは?

先日、なんとなくAmazonで英語テキストをチェックしていたら、『総合英語 Forest』の在庫が切れているのを発見しました。

総合英語Forest 7th Edition

総合英語Forest 7th Edition

 

 

これを見たとき、「ちょっとおかしいな」と感じました。

『Forest』といえば、400万部以上売れている大ベストセラーの総合英語テキストですが、最近発売されたわけではないので、いくら売れているとはいえAmazonで在庫がなくなるわけがないと思ったからです。

 

「え、もしやフォレスト終わった・・・?」

 

いやいやそんなことはありえない。だってあのフォレストだぞ。なくなるわけが・・・。

動揺しながらも出版元の桐原書店公式HPを見てみると、「お知らせ」として、

 

1999年の初版刊行以来、多くの読者の皆さまを「英文法の森」へと誘ってきました『総合英語Forest 7th Edition』ですが、現在庫限りを持ちまして販売終了の運びとなります。
長年のご愛顧に心より感謝申し上げます。
誠にありがとうございました。

(引用元:http://www.kirihara.co.jp/tabid/179/Default.aspx)

 

と載っていたんです。

 

"神"文法テキスト

率直に言ってこれは「めちゃくちゃショック」でしたね。

というのも、『Forest』は中3の時からず~っと使っている英文法テキストだからです。

当時通っていた塾の本棚に『Forest』があって、何気なく手に取って読んでみたのがきっかけでした。

読んでみて、

 

「なんだ、これ読めば全部終わりじゃん」

 

と思ったんですよね。

『Forest』の解説は、学校の先生よりも、塾の先生よりも、何倍もわかりやすかったんです。

 

「こんなにいい本があるならもっと早く教えてくれよ!もう大人は信用しない!」

 

そう思いました(どうしてもう大人を信用しないのかはわかりません。中3だから許して)。

とにかく、そのくらいの衝撃がありました。

そして、当時中3だったぼくは、『Forest』を使って中学レベルどころか、分詞構文や関係副詞などの、高校レベルまで独学で学習してしまいました。

中学終了時にネタで解いてみたセンター試験で7割以上取れたので、実際結構定着していたのだと思います。

 

「自慢かよ!」

 

という感じだと思いますが笑、とにかくぼくが言いたいのは『Forest』がすごいというかマジでヤバすぎるということです。

中学生が読んでもわかっちゃうくらい解説がわかりやすいんですよ。

 

もちろん、思い出補正も大いにあると思いますが、このクオリティのテキストが姿を消してしまうのは本当に残念としか言いようがありません。

 

なぜ販売終了に?

多くの人が気になるのは「どうして販売終わっちゃうの?」という点だと思います。

ここで、先ほども一部引用した公式HPからまた引用します。

 

現在日本の英語教育は大きな変化の時を迎えております。
2020年から小学校5,6年生で英語が正式教科となり、また大学入試に関しても2021年からセンター入試に代わる新たな試験の導入、そして4技能を有する外部試験の利用が始まります。
英語学習者、とりわけ大学進学を目指す中学生、高校生の皆さまにとって真に必要な学習要素、学習項目、また学習方法を見直す時期に来ていると私たちは考えています。
それはつまり英語の学習要素、学習項目、学習方法も新たなステージへ向かわなければならないということです。

 (桐原書店公式HPより引用)

 

はっきりと「これが販売終了の理由です」とは言っていないものの、「お知らせ」を見る限り、これが唯一、販売終了の理由として取れる部分です。

要するに、

 

「時代と共に変わってきている英語教育について再度見直さなければいけないからいったん終わりにします」

 

ということなんですが、ぼくも含め『Forest』ファンにはこの説明はしっくりこないでしょう。

現代における英語教育のニーズは、ずばり言って「スピーキング強化」です。

「難しい文章の読解とかはいいから、英語話せるようになろうよ」という時代の流れですね。

 

ただ、これを考慮したとしても、『Forest』は全然まだまだバリバリ現役で使えるテキストです。これは間違いない。

 

桐原書店さん全体としては知りませんが、少なくとも『Forest』は「新たなステージ」に向かう必要はありません。完成されたすばらしさがあります。英語教育の方針がどうなろうが今後も多くの学習者に愛用されていくことは間違いないです。

 

会社に問い合わせてみた

これじゃあ納得がいかない!

ということで桐原書店に実際に問い合わせてみました。

ぼくの疑問点は、

  1. 『Forest』の改訂版が今後出ることはあるのか?
  2. 販売終了の理由は?

の2つでした。

問い合わせてみたところ、担当の方が親切に答えてくださいました。

 

どこの馬の骨かもわからん奴に丁寧に答えてくださって感謝の念しかないですね。

 

以下、実際の問い合わせでわかった内容です。

 

今後改訂版は出る?

公式HPに

『総合英語Forest 7th Edition』ですが、現在庫限りを持ちまして販売終了の運びとなります。

と書いてあったので、

 

「ひょっとして終わるのは第7版で、このあと第8版が出るのでは?」

 

というかすかな望みにかけて聞いたのがこの質問でした。

 

が、やっぱり『Forest』という参考書自体が終わりで、今後改訂版や復活版として『Forest』が出ることはないそうです。

 

販売停止の理由は?

理由は2つとのこと。

ひとつは、HPにもあった通り、変化する英語教育のニーズについて見直す地点にきているという点。

具体的には、スピーキング強化をもっと取り入れたテキストを作っていく方針だそうです。

 

そして、もう一つは、

 

「権利の問題」

 

 とのこと。

 

権利の問題!?

(最初に断っておくと、ぼくが担当の方から聞いたのは「権利の問題」のひとことのみで、詳しい内部事情は一切聞いていません。以下は風のウワサおよび妄想が含まれていることに注意してください。)

 

去年(2016年)の終わりくらいに、『総合英語Evergreen』という参考書が出版されました。

 

総合英語Evergreen

総合英語Evergreen

 

 

わかる人は表紙だけで感じたかもしれませんが、この『Evergreen』は、『Forest』そっくり、というか改訂版かというくらい似ていました。

なんと作者についてもほぼ同じです。

 

出している出版社が「いいずな書店」という『Forest』を出している桐原書店とは全く別の会社なので、実はこれが出た当時、ぼくも「あれ?どういうこと?」と思って色々調べたことがありました。

 

すると、「いいずな書店」が桐原書店と『Forest』の権利についてもめている的なことがわかったんです。

 

繰り返しますが、この部分については問い合わせでわかった内容ではありません。証拠はありません。

 

『Evergreen』発売後は、『Forest』と『Evergreen』がどちらも書店に並んでいる状態で、書店によっては「君はどっちを選ぶ!?」的なコーナーを作っていたりもしました。

 

(写真は新宿紀伊国屋書店語学フロア。許可をいただいて撮影しています。)

f:id:yusuke-to-yondekudasai:20170212234232j:plain

 

以上のことより、

  • 『Forest』をめぐるもめ事に決着がついた。
  • 桐原書店に『Forest』を出版する権利はなくなった

という仮説が立てられます。

 

欲しい人はどうすればいい?

2017年9月19日現在、大手書店を見ると、まだ『Forest』が置いてあります。

なので、『Forest』が欲しい人は今のうちに買うか、Amazonやブックオクで中古のものを探しましょう。

 

ただ、ぼくのように昔学生だった時に使っていて、思い出がある・・・というような人以外は、いいずな書店の『Evergreen』を買うのがいいと思います。

 

総合英語Evergreen

総合英語Evergreen

 

 

イラストや紙面の色合いが少し違いますが、ほぼ『Forest』と同じだと考えてもらって大丈夫です。

ただ、現在(2017/9/19)Amazonで在庫がなく、また、いいずな書店のホームページやTwitterなどを見ても、まだまだ「いいずな書店」という会社自体が発展途上と判断せざるを得ず、『Evergreen』に関しても今後どうなっていくかはわからないな・・・というのがぼくの個人的な考えです。

 

一応、ぼくが確認した限り『Evergreen』は大きめの書店ならどこでも在庫があるので、とにかく、欲しい人は有名な本屋に行ってみるのが良いでしょう。

 

まとめ

というわけで今回はベストセラーの英語テキスト『総合英語 Forest』販売終了についてごちゃごちゃと書いてみました。

最初、販売終了の知らせを見た時はショックを受けましたが、『Evergreen』として今後生き続けていくことがわかり、とりあえずはほっとしました。

ただ、やはり『Forest』としての『Forest』が終わってしまったのは、少し残念ですね・・・。

今後の動向も追いかけていこうと思います。

 

(こちらの記事もおすすめ)

ダメな英語参考書にありがちな特徴9個!こんなテキストは絶対買うな!

紀伊国屋新宿本店の語学コーナーが最高過ぎてその魅力を語らずにはいられない

英語の勉強時間は1日何時間がベストなのか?学習効果が最も高い勉強時間について考えてみた。

どうも!かずーいです。

ありがたいことに英語の勉強方法についての質問をよくいただくのですが、その中でも多いのが、

 

「英語は1日に何時間勉強すればいいですか?」

「単語学習は1日どれくらいやればいいですか?」

「何時間勉強されてますか?」

 

などの、勉強時間に関する質問です。

 

ただ、これらの質問をいただく度に、実はちょっと困っています

 

というのも、「勉強時間は~時間がベストですよ!」というようにバシッと答えるのが非常に難しいからです。

 

学習効果が高くなる理想の勉強時間というのは確かにあるんです。あることはあるんですが、それは人によってかなり変わってきます。

たとえば、ぼくは普段の勉強時間は1~3時間で、平均すると2時間くらいです。ただ、疲れている時は20分だけ勉強して「まぁゼロよりはましか」という日もあります。

しかし、これがそのまま別の人にも当てはまるわけではありません。

もっと長い時間を勉強に充てた方がいい人もいるでしょう。短い方がいい人もいるかもしれません。

 

こんな感じで、一概には言えないのが勉強時間です。

しかし、"個人個人の理想の勉強時間の見つけ方"というのはあるので今回はそれを紹介していこうと思います。

ポイントは、

  • 継続
  • 集中力

の2つです。

 

継続できるのか?を考えよう

勉強時間をあまりに長い時間に設定してしまうと、継続できなくなってしまうので注意です。

 

「よし、明日から6時間勉強するぞ!」

 

などと意気込んで勉強をスタートさせる人は結構多いのですが、1日に6時間も勉強するのはかなりの負担です。それに、仮に社会人の場合、これだけの勉強時間を捻出するためには、帰宅後だけではなく出社前や昼休憩も勉強する必要が出てくるでしょう。

 

こんな無茶な勉強が続くわけがありません。

 

語学学習において重要なのはなんといっても継続です。

ドカンと8時間勉強して、3日休む・・・このような勉強をするよりは、1日2時間の勉強を4日続けた方が効率良く実力を伸ばすことができるんです。

 

これは、睡眠という観点からも説明できます。

人間の記憶が定着するのは寝ている時です。

勉強した直後から、勉強したことが記憶に定着し始めるわけではありません。その後に寝ることで、やっとバッチリ頭に残るわけです。

1回の睡眠で記憶に定着できる情報量にも限界があるので、一気にガッと勉強して休むよりは、毎日継続させた方が結果として伸びるというわけですね。

 

話を戻すと、1日の勉強時間は、

 

自分がムリなく毎日継続できるくらいの時間

 

をまずは目安にするのがおすすめです。

 

集中が続く時間内で設定しよう

勉強時間を考えていく上でもう一つ大切なのが「集中力」です。

具体的には、

 

集中力が続く時間内で勉強時間を設定する

 

ということです。

 

以前、「リスニングはとにかく集中力が大事!」という内容の記事を書きましたが、

(参考記事)

リスニング上達のカギは「集中力」!高い集中レベルでリスニングに取り組める勉強法を紹介します。

 

リスニングに限らず、語学学習では勉強中いかに集中できているのかが重要です。

「密度の濃い学習をするのが大事」という言い方をしてもいいかもしれません。

 

勉強時間を決める上では、

 

ガッと集中して取り組んで、その集中が途切れるまで

 

を目安にするのがおすすめです。

 

何年も勉強しているのにイマイチ結果が出ないという人によくあるのが、集中せずにダラダラと長い時間勉強しているパターンです。

はっきり言って、集中せずにダラダラやる勉強にはほとんど意味がありません。

集中して取り組み、集中力が切れたらそこでパッとやめる、これが理想なんです。

 

ちょっとぼく自身の勉強を例に挙げてみます。

ぼくは、経験的に1日に覚えられる単語数の限界は20個だとわかっているので、それ以上覚えることはしません。

21個目以降の単語暗記は、集中力が著しく低下してしまうので、別のことをやった方が自分の場合は生産的だからです。

ただ、そのかわり、その日に覚える20個には全集中力をもって取り組みます。

 

このように、その日に集中して取り組める量に対して全力で取り組み、あとはパッとやめる、このスタンスで勉強した時の総勉強時間が理想の勉強時間です。

 

記事冒頭でも書いた通り、これは人によって大きく変わります。実際に勉強を続けていく中で自分で見つけてみてください。ぼくの場合は平均2時間くらいでした。

 

勉強時間ゼロの日を作らない

これは、先ほど書いた「継続」とも関連しているんですが、

 

勉強時間が普段より短くなっても、ゼロの日は絶対に作らない

 

というのは絶対のルールにしましょう。

 

ここまで説明してきた2つのポイントに従って勉強時間を設定したとしても、時には仕事や遊びでめちゃくちゃ疲れて今日はもう勉強時間を確保できそうにない・・・という日もあると思います。

ただ、そういう日でも、5分でも10分でもいいので勉強をするようにしてください。

 

理由は、継続して勉強する習慣をつけるには何十日もかかるのに対し、「勉強しない習慣」は1日でついてしまうからです。

誰でも経験があるかと思いますが、勉強って、サボると本当にすぐやらなくなってしまうんですよ。

 

「勉強時間ゼロ」に対しては、とにかく恐怖心を持っておくべきです。

本当に疲れてムリ・・・という日でも、頑張って5分だけ集中して勉強してみてください。

 

まとめ

というわけで今回は勉強時間についてごちゃごちゃと書いてみました。

まとめると、勉強時間は

  1. 毎日ムリなく継続でき
  2. 集中して勉強に取り組める

時間がベストです。

 

ぼくの場合は平均2時間でしたが、人によって変わるので、日々の勉強を通して探っていくしかありません。

ただ、この2点を考えて試行錯誤を繰り返せば、必ずしっくりくる勉強時間がわかるので、ぜひ参考にしてみてください。

それでは!

 

(こちらの記事もおすすめ)

「英語しかできない人」って言うな

【英語】難しめの教材を使って勉強すべき理由。簡単なテキストばかりやっていても伸びません!